GRACE NOTE ブランド紹介

当社の取り扱うアジアン家具のブランド【グレースノート】とは

大自然の中で、太陽の恵みを浴びながら育った成木の「幹」に、専用カッターで切り込みを入れ、じっくりと水分を抜きながら7年間の歳月をかけ、木が枯れ落ちるのを待ちます。その後、インドネシア政府公認のもと、木の伐採が行われます。自然保護に関心のある「グレイスノート社」の家具は「盗木材」は一切使用しておりません。

伐採された木材は、専用の「乾燥釜(Electric dry pot)」で、24時間監視体制の下、48時間かけて水分調整されます。木材10cm×10cmおきにサンプリングし、1時間に一度、計48回の水分のチェックを行うことで、乾燥による「割れ・反り・虫」を 可能な限り、回避することに成功しました。


設計段階から、それぞれに適した部材が選ばれていきます。ある部分には「無垢材」、またある部分には「プライウッド」が使われ、使用用途など考慮した上、何度もミーティングを繰り返して、より適切な部材が決定されます

グレイスノート日本輸出家具には、日本人の家具デザイナーが、日本の住環境や気候、日本人の体形・生活習慣なども考慮した上、設計図を描いていきます。

次にデザイン画は工場へと送られ、デザイナーの意向を最大限尊重しながら、尚且つ、強度・経済寸法など考慮しながら、施工図が制作されます。

工場は、インドネシア最大の「家具の生産地」であるジュパラの中でも、最高ランクの規模・設備・人員を誇ります。 熟練の職人達により、厳しい精度管理をクリアした家具が組み立てられていきます。フィニッシングには、環境に考慮した塗装材(NCラッカー・ ポリウレタン)が使用され、人体に対するアレルギー等にも配慮されています。


ウォーターヒヤシンスはミズアオイ科の水草で、東南アジアの川や湖で見られる熱帯性植物です。非常に高級感があり、耐久性にも優れているため、リゾートホテルやヴィラなどの商業施設で幅広く使用されています。アジアンモダンとして近年人気が高く、美しさと重厚感が魅力の素材です。

マホガニーは、チーク・ウォルナットと並ぶ世界三大銘木の一つ。特に心材は赤みを持った美しい光沢を示し、艶のある非常に重厚感の高い仕上がりが特徴です。高価な木材であることから「緑の黄金」とも呼ばれています。希少性が高いため、インドネシア政府の植林場再計画に基づき、許可された木材のみを使用して、日本の皆様にお届けしています。

熟練の職人により、1点1点丹念に製作されたストーンカービング。「世界に1台だけの家具…」高級感あふれる手作りのアジアン家具の素晴らしさを是非ご堪能ください。

座面は硬さの異なる3種類のウレタンを使用し、5層構造にすることにより、適度な硬さのある、自然で快適な座り心地を実現しました。動物アレルギーに考慮したため羽毛などは、あえて使用しておりません。

座面の下にはトランポリンのような「ウェービングベルト」が使われ、柔らかな座り心地をお約束します。また、ベルトの作用により、クッション自体の「ヘタリ」を可能な限り緩和し、長期に渡り使用することが可能です。